日曜炒飯
2016年11月27日    「擂り粉木日記」から

昨日とは一転して雲に覆われた日曜日。午後には雨が降るとの予報。昨日は新橋&浜離宮の散歩で結構歩いたので今日は寝て曜日。朝は家事他ゆっくり過ごして11時半頃家を出て買い物。結局スーパーは平日なかなか行けないから休日行かないとね。で、昼は久々に味噌ラーメンを食べたいから『みずき』に行こうかと昨日から考えていたが、家を出ると何か気分が変わった。炒飯が食べたくなった。昨日新橋で専門店の炒飯を食べたが何となく腑に落ちなかったんだろうな。普通の町中華の炒飯を食べたくなった。『酔来亭』の「五目チャーハン」は確実だけど、今日は別の町中華を開拓したい。なので伊勢佐木モールを徘徊してみたけど意外と適当な店は見つからなかった。結局曙町に戻ってきて、『タンタンメン本舗』に入店。先日訪問時セットで半チャーハンが美味かったのでここで炒飯単品を食べる事にした。厨房には店主とおばさん店員。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

タンタンメン本舗 曙町店 『チャーハン』 650円

あーこれこれ、下品だけど味がしっかりした、それでいてサッパリ香ばしさがある炒飯。具材もたっぷりでボリュームも十分。中華スープも定番の味。しっかり満足出来た。ただ喫煙可なのが難。